Berlin Startups

Japan Meets Berlin

bistream organised a side event for IFA2019, “Japan Meets Berlin,” with the big support from W-lounge.

I have to say it is amazing that such leading mentors of Berlin Startup Ecosystem came to meet Japanese Startups with the openness, “give first” spirit, and good/honest/pragmatic advices.

After Mr. Takabatake (the Head of JETRO Berlin, Japanese trade organisation, the agency of Ministry of Economy Japan) gave welcome speech, Dr.Rainer Seider (Head of Unit International Cooperation, Ministry of Berlin) and Mali (CEO of W-Lounge) gave us the fireside chat over what Berlin Startup Ecosystem means for foreign startups from perspectives.

Berlin Startup Ecosystem is ranked as one of the tops in Europe. What differentiate here is the true internationality and respect of diversity. People living in Berlin are from close to 200 countries, common language is English as a second language.

Based on the latest data from Startup Genome, Global Startup Ecosystem Report 2019, the average salary of engineer in Berlin ($65.1k) is higher than in London ($56.8k). Global market reach is ranked #1 as well as connectedness. Berlin is not just a mature ecosystem. It is a true international hub of top ecosystems.

The Japanese startups had 2 minutes pitch in front of the Berlin VC, representative from Telekom, and top accelerators.

After the pitches, we invited the panel, Jag, Katy, and Nana to learn more about Berlin Ecosystem for Japanese startups: for example, Berlin as a launchpad for global success, etc. All panels commented that Japanese startups have great potential to succeed in Berlin, but with the strong remarks in communication. It is not only about English ability, but about communication competencies, which is prerequisite for starting businesses.

Berlin Startups

Closer to your child: home and kindergarten experience

Getting closer to your child’s experience at kindergarten or nursery is something many parents yearn for. It’s not always possible to know how they’re spending their days. This is something that’s especially frustrating for working parents who crave more time with their children. 

UniFa create applications specifically designed to give parents peace of mind when they can’t be with their children. Their product enables parents to receive daily photo and video updates of their children – what they’ve been learning and what games they’ve been playing. It also offers notifications on nap times, enabling parents to experience their day alongside them.  

For infants before kindergarten age, UniFa gives peace of mind to new parents even by providing tracking device to prevent SIDS.

The aim of UniFa is to foster better family communication, enabling a closer bond between parent and child in the modern world.

Berlin Startups

We can make employees happier

Job satisfaction is a very important topic. Companies are becoming increasingly aware of the challenges they face with employee happiness and retention.

Unipos is a startup who have developed an app designed to spread love and harmony within a company. Their service enables users to send messages of support and gratitude to their colleagues throughout the day. 

Points can be awarded and effort celebrated, creating an encouraging atmosphere where people feel valued. 

Unipos brings our people and teams closer. It helps drive transparency and employee engagement.

We experienced a significant growth in employee size. Our challenge was to explore tools that would enable us to hold the teams together, and continue to foster our core values. Unipos was a great tool to tackle that. It helped us acknowledge and celebrate small or big wins happening within our teams.

– Andries Bellemans, Lisk Head of HR

From an employer’s perspective, Unipos is highly effective for creating a supportive work environment, while keeping employees engaged in their work and the philosophy of their business.

J-Startup

In 20 years this startup will have built a city on the moon!

ispace’s vision is clear: in 20 years, they will have built a city on the moon. For this lunar exploration and robotics startup, the entire future of the Earth itself rests on us harnessing the potential of our moon. The key: locating the moon’s water. Water can be converted into fuel, which in turn can power their crafts, creating the first, low-cost Earth-moon transport service, through which all the equipment necessary for life can be safely delivered. 

To achieve this dream, ispace are developing small, lightweight landers and rovers to make lunar surface exploration a reality. In 2020, a moon orbiting mission is planned, and their first moon landings set for 2021.

At the IFA, ispace are keen to meet prospective customers keen on joining their mission and making moon living a reality.

JETRO Acceleration Hub

Berlinで勝つ!「J-Startup」の支援スタート

【プレスリリース】

<ジェトロ・グローバル・アクセラレーション・ハブ in ベルリン>

2018年9月22日、JETROベルリンオフィスで、J–startupのホロアイズ谷口様、シャリテの柏原様、そしてbistreamが集い、グローバルハブ事業をキックオフしました!

経済産業省に選ばれて世界を目指すJ-Startupの企業は、たった100社!その中の一社、Holoeyes Inc.がベルリンを目指します。

ベルリンは医療系スタートアップにも力を入れているので、楽しみです!

リリースの原文はこちらからご覧いただけます:

JETRO Acceleration Hub

ベルリン発:日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)

  

2018年9月15日(日)、日独産業協会(DJW)は、ベルリン・東京・デュッセルドルフに近いクレーフェルトをビデオで結び、「第二回 日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)ベルリン – NRW – 東京」を開催した。

ベルリンも東京も、それぞれの国のスタートアップの中心地であり、デュッセルドルフはヨーロッパで一番日本企業が進出している都市である(ロンドンを除く)。

土曜日にも関わらず、日独両国のスタートアップとそのエコシステムの最新動向を探りネットワーキングしようと、300人余りがビデオカンファレンスに参加した。去年は約200名であったというから、イベントとトピックへの関心の高まりがみてとれる。(アジェンダ)

まず冒頭で、在ドイツ日本国大使特命全権大使の八木毅大使と、在日ドイツ連邦共和国大使であるDr.von Werthernからご挨拶をいただいた。

  

スタートアップエコシステム

スタートアップのエコシステムというのは、言わば生まれて間もないスタートアップを成長させ、事業を成功へと導く仕組みだと言える。仕組みではあるが、ここで「エコシステム」=生態系という言葉が使われているのには意味がある。スタートアップを取り巻くエコシステムは、その企業の主力分野や、会社の立地など地理的要因、またそのスタートアップをサポートする存在に大きな影響を受けているからだ。

今回の最初のパネルディスカッションは「日本とドイツのスタートアップエコシステム:イノベーションに向けたインフラとフレームワーク構築」についてであった。

登壇者:Klemens Gaida氏(CEO, Digital Innovation Hub)、Lisa Wäntig氏(Head of Business Development, Wantedly)、Miki Uchida(内田 光紀)氏(Director, Zero One Booster)、Ikuo Hiraishi(平石 郁生)氏(Founder & CEO, DreamVision)。Thomas Jarzombek MdB氏(Partner, releon)はビデオメッセージで。そして、bistreamからは私、Chika Yamamoto(山本 知佳)。

  

ドイツと日本のスタートアップ

ドイツでも日本でも、スタートアップはベルリンと東京に集中している。ベルリンと東京の「生態系」の1番の違いは、その国際性にある。テック系スタートアップの黄金時代とも言える現在、求められる人材を国内のみで賄うことはままならい。ベルリンにも東京にも世界中から人材が集っているが、ベルリンでは人材は様々なスタートアップに分散しており、スタートアップは国際色豊かで英語が標準語である。

だが、東京では海外からの人材は一部の外資系スタートアップなどに集中してしまい、日系スタートアップはまだ国際化の恩恵を十分受けているとは言い難い。

  

ドイツのスタートアップ人材分布の例:

from Simplesurance homepage
150人程の社員は、30カ国から構成されている。

  

スタートアップの参入障壁

ドイツスタートアップが日本に参入する際の障壁となるものに「日本人特有の信頼感」をあげたのは、日本に12年住んだのちベルリンに来たドイツ人のLisa Wäntig氏(Head of Business Development, Wantedly)。日本語が話せるようになっても、ビジネスができるような関係になることは容易ではなく、特有のネットワークを介したり、肌感覚で相手の懐具合を理解でき合える人材が必要という。

… it is quite difficult to win their trust.

一方、共通のネットワークを介して協業がうまくいったと言ったは、Miki Uchida(内田 光紀)氏。これは内田氏がすでにグローバル人材であることが影響したのであろうと思われた。

実は同様な問題は、日本企業のアウトバウンドでも見られる。例えば、日本企業はドイツに視察やスカウトに来る際、自社の目的のみに集中しがちだ。ドイツ側はそういった日本企業にはフェアであるが事務的に対応する傾向がある。ドイツ人の懐に入り込むにも、それなりの理解とテクニックが必要である。

こういった課題は、JETROのハブとして機能している我々bistreamのようなアクセラレーターを介すると、容易に回避できる。JETROグローバルアクセラレーターにお申し込み頂くと無料で受けられるサービスもあるので、ぜひ活用していただきたい。(JETROのサービス内容

  

スタートアップと女性の活躍

Chika、Lisa Wäntig氏、加塩 雄斗氏(在ドイツ日本国大使館 二等書記官)

今回のディスカッション内容の主題ではなかったが、パネル登壇者6人(うち一人はビデオメッセージ)のうち、3人が女性であった。

2017年度に世界経済フォーラムが発表した「グローバル・ジェンダーギャップ報告書」(The Global Gender Gap Report)によると、ドイツの男女格差は12位、しかし、日本は前年より下がり114位と低迷している。

ドイツでは近年スタートアップがたくさん生まれており、中でもClueやReDI School、Qunomedical のような、女性によって創設されたスタートアップは注目を集めている。ドイツのスタートアップでは創始者チームの25%が女性で、日本では起業家の30%が女性である(2016年のデータによる)。

日本もドイツもまだまだ女性起業家への支援が必要な段階であり、女性起業家対象のプログラムの充実が望まれる。

実は今回のパネル終了後、登壇した私に話しかけてきてくれたのはスタートアップだけでなく、日本、ドイツ、台湾、中国がルーツの若い女性たちもいた。「私の履歴書」である部分に興味を持ってのことだった。

  

bistreamでも、これからさらに女性起業家のネットワーキング、メンタリングなどの支援に取り組んでいきたい。

JETRO Acceleration Hub

bistreamUG as JETRO GLOBAL ACCELERATION HUB

For the fast and smooth entry to Japan

Berlin, German–bistreamUG, the leading accelerator to bridge Japanese and Germany business, is excited to announce this partnership with the Japan External Trade Organisation (JETRO), the Japanese governmental organisation.    

As part of the partnership, bistreamUG provides extended support for German startups to expand their market to Japan by  connecting them with bistreamUG’s extensive networks and resources in Japan, and for Japanese startups to the ons in Germany.  

Please apply for our support through the JETRO Global Acceleration Hub Portal here!

You can find the updates from Hubs on their Facebook page

ABOUT JETRO

JETRO, or the Japan External Trade Organization, is a governmental organisation that works to promote mutual trade and investment between Japan and the rest of the world. Originally established in 1958 to promote Japanese exports abroad, JETRO’s core focus in the 21st century has shifted toward promoting foreign direct investment into Japan and helping small to medium size Japanese firms maximise their global export potential.